リフレックスシルバー

台風4号、および5号のなれの果てによる汚れを落とすべく、洗車洗車。
切実に、台風はもう来ないでください(・ω・)

しかし、今日はワックスの効果を実感する良い機会でした。
水で流せば汚れが落ちる落ちる(*´∀`*)
水玉がコロコロ転げ落ちるのを見るのは実に愉快っ

先日も呟きましたが、頑張って施工した甲斐があるってもんです。

こういったカーケアって色々な種類がありますね。

〇超簡単お手軽系
 サッと拭けばそれだけでピカピカになる、
 ワックスやコーティング剤を染み込ませたシート。

〇シャンプー
 シャンプーにワックス成分を追加したワックスシャンプー。
 洗車で洗い流すだけであら不思議!

〇コーティング(ガラス/ポリマー)
 最近の主流。年単位で効果が持続し、保護・防汚性能にも優れている
 ガラスの様なシャープな艶が特徴的。スプレーして拭くだけのものが多い。
 下地・手順を確実に守れば10年持続するものもあるとか…

〇固形/半練ワックス(極一部除外)
 一昔前まではこちらが主流。艶はコーティングとはまた違った独特の艶。
 蝋を含んだものが多く、「濡れた様な艶」という表現が似合う。
 耐久性は1ヶ月強程度、長くて2ヶ月強。

〇極一部の固形ワックス(通称:変態系)
 上記ワックスに比べ、格段に多くの蝋(カルナバ)を含んだもの。
 他はスポンジやウェスに含ませて施工するものが大半だが、
 これは手で塗り込むタイプ。知らない人が見たら確実に変態怪しい人。
 しかし、得られる艶・撥水性能は別格。刀身の様に鋭く、滑らかな艶。
 ※施工後、もれなくツヤッツヤになった掌もついてくる!

とまあ、思いつくだけでもこれだけある訳で。
コーティングが手間・コスト・耐久性のバランス的に見て人気なのでしょうね。
しかしそんな私が使うのは変態系極一部のモノ

ええ、そりゃ刀を見てウットリする私ですから(・ω・)

艶にはとことん拘りますよ、ええ。

下地作りも結構ハードな肉体労働だったりする訳ですが、
それも体力作り&稽古の一環と思えば何のその、です。

そうこうして得られた艶がこちら。
画像


ボディカラーの「リフレックスシルバー」の名を体現するが如く艶やかっ
女性なら鏡代わりにして化粧もできちゃいますよコレ(*´ω`*)
折角気に入って買ったものですから、常に綺麗に、大事にしておきたいですね。

「求める結果は、相応の努力無くして得られない」
当然の事ですが、これからも頑張りますよ~ ヾ(*´-`*)ノ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック