ただひたすらに貫く

随分長い事放置していました。
ここ暫く居合に没頭しており、ほぼ中毒な日々を送っています。


そんな中で、恥ずかしながら武道家の端くれとして、思う事を書いておこうかと。


居合において一番大切なのは腰、いわゆる体捌き。
しかし、それが蔑ろにされて間違った指導方針になっていないか、と思う事が多々あります。


日本刀は、周知の通り非常に鋭い切れ味が特徴です。
確かに刃が触れれば斬れます。余程刃筋がブレていなければ、ですが。
しかし、刀は物打で斬るのが大原則であり、物打に全体重を乗せて斬る事が大切。


それが残念な事に守られていないどころか、認識すらされていないのが実態。


現代における「良い居合」とは、勢いがあり、大きな刃音がするものを指している様です。
煽った剣だろうが、腕から降ろす剣になろうが、剣を振るのが速ければ条件を満たしてしまいます。
もちろん刃筋を通す事や、振り下した剣がピタリと止まる事は大前提ですが。
体捌きも敵を見ず、正対せずに斬りかかっていても良しとされています。


これはやっぱりおかしい。
腰が入っているか、物打ちに全体重が乗っているか、力んでいないか、煽っていないか。
敵を見て動いているか、合理的な剣捌き・体捌きになっているか・・・などなど、それらが着眼点なはず。
勢い良く、速く振る事よりも正確に物打ちで切る事や、確実に体を捌く方が遥かに難しい。
もちろん勢いや速さも必要ですが、それは稽古の練りによって追々身に付くものです。
初めから追及しては正確さを欠き、見かけ倒しの剣になるのがオチです。


基本に忠実な人程、正当な評価を受けられない事が悔しくてたまらない。
「間違ったモノ」扱いされてしまうのは耐え難い屈辱です。


それでも、誰に何と言われようと、私は基本を重視するこのスタイルを変えるつもりはありません。
悔しさも憤りも全部腹の内に抱えて、ただひたすらに貫き通す。
本来の居合の「あるべき姿」を絶対に絶やさない為に、この道を突き進む。


「師の剣を継ぐ」というのは、そういう事。